体脂肪対策に手作り弁当とDVD

家庭用のヘルスメーターでも、体重とともに体脂肪を測定できるタイプが増えてきました。体重とともに体脂肪も知っておくことは、健康管理をする上でも大切なことです。体脂肪は、数値によって肥満レベルがわかります。18.5未満であれば痩せていますし、18.5から25の範囲は普通の標準体型です。25から30の数値になると、肥満レベル1の段階です。30から35だと肥満レベルは2になり、35から40になると肥満レベルは3となり、40以上の数値になると、肥満レベルは4になります。肥満レベルであれば、解消のためにダイエットが必要です。

ダイエットのためには、カラダを動かすことも大事です。毎日仕事が忙しくて、ジムに通ったり、ジョギングに行く暇がないのであれば、DVDを見ながら体を動かしてみましょう。家の中でできる、エクササイズのDVDなどは、忙しい人にとっても便利なアイテムです。DVDを見ながら、カラダを家の中で適度に動かして、ダイエットに役立てましょう。

体脂肪対策では、欠かせないのが食事の管理です。そのために使えるのが、自分で作るお弁当です。忙しくてコンビニ弁当ばかりとか、ファストフードや、手軽に済ませることのできる食事をしているのであれば、自分でお弁当を作ってみましょう。ここで毎朝すべてを手作りしようとしないことです。ゆるい感じで、工夫しながら作るのがポイントです。

週末の時間が取れるときに、1週間分のメニューを考えてみましょう。野菜をゆでて、冷凍庫にストックしておくのもいいです。夕食時に、次の日のお弁当のおかずも作って、朝レンジで温めて入れることもできます。野菜を多めにして、低カロリーで美味しいお弁当を作って、ダイエットにも役立てましょう。